ニュース

タブレットを活用した業務範囲が広がってます!!

2020年11月04日

㈱富士ロジテック・ビジネスソリューションズのホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます。

早くも11月になりました。気づけば今年もあと2ヶ月程度です。
あっという間に年を越してしまいそうです。1日1日を大切にしたいと思います。

本日は秋の雑学を1つご紹介します。秋が旬の「栗」についてです。
ちょっと長くなりそうなので、雑学は最後に書きます。
ぜひ最後までご覧下さい。



さて、今回のニュース記事のメインは主に物流業界向けの製品紹介で、
「タブレットで行う業務」になります!!

入出荷検品やピッキング作業に、ハンディターミナルをお使いの企業様、
目視での作業が限界だという御客様からお問合せを頂きます。

どの様なお悩みでお問合せ頂くかと申しますと、
①ペーパーレス化を進めたい。・・・検品指示書やピッキングリストと
 いった毎日数十枚~数百枚を印刷している。そのインク代、用紙代の
 コスト削減したい。環境問題に配慮した企業方針に合わせたい。など。

②作業効率を上げたい。・・・ハンディターミナルの画面が細かくて
 見えにくい。ハンディターミナルを持ったり置いたりする手間を省き、
 効率を上げたい。など。

③目視検品は限界。・・・品質向上・出荷ミス防止を図りたい。その為に
 ハンディターミナルを導入したいが、思ったより高くて、、、。など。


しかし、上記のような問題は、タブレット活用システムで解決できます!
タブレット活用には大きなメリットがあります!!

1、ペーパーレス作業の実現!・・・指示書をデータ化し、タブレットに
 表示します。紙が無くても運用できます。

2、ハンズフリー作業の実現!・・・タブレットは腕や台車に固定してお使い
 頂く事を推奨させて頂きます。スキャナーもグローブタイプや指に付ける
 タイプを御利用頂くことで、ハンズフリー化を実現します。

3、作業効率改善!・・・大きめのタブレットは画面も見やすく、音声による
 指示も可能になります。慣れた作業者さんは、音声指示だけ聞いて、
 ハンズフリーで効率よく作業しています。
 更に、データ転送で自動入力することにより、事務所で発生していた
 手入力を省き、2重処理の解消にも繋がります。

次に、現在当社の「タブレットを活用したシステム」でどのような業務を
行えるのか、御紹介します。

Ⅰ、ピッキング作業 Ⅱ、検品 Ⅲ、棚卸 Ⅳ、在庫照会 Ⅴ、生産性分析

これらは、当社開発の「LOGI FACE PICK」「LOGI FACE CHECK」とオプション
対応で御利用頂けます。更に、入庫処理とロケ移動も開発中です。


如何でしょうか。御興味をお持ち頂けましたら、下記に詳しい資料を御用意しま
したので、ぜひ1度、ご覧頂けますと幸いです。
タブレット活用システム_御案内パンフレット .pdf





それでは最後に、「栗」に関する雑学です。

皆様は栗が英語で何というかご存知ですか?

私はマロンだと思ってましたが、、、。マロンではございませんでした。
マロンはフランス語らしく、英語では
「chestnut(チェスナット)」
という日本であまりなじみのない言い方をするそうです。
(職場で話のネタやクイズにしてみて下さい。意外とマロンだと思っている方が多い
みたいです。)
fruit_kuri_kago.png
更に栗について色々調べたところ、栗は果物だと判明しました。
「木になるものは果物」、「土からとれるものは野菜」と分類されるようです。
でもスーパーマーケットなどでは、野菜コーナーに置いてあることが多いです。
(ですので、私は野菜の仲間だと考えてました。)
栗は色々とまぎらわしいですね、、、。

以上、秋の雑学でした。失礼致しました。




最後までご覧頂き、誠にありがとうございました。
雑学の部分以外で、何か不明点やご質問、資料のご依頼などございましたら、
お気軽に御連絡下さい。

今後とも、どうぞ宜しく御願い申し上げます。
 

RFIDを活用できる物流会社をお探しの御客様 必見です!!

2020年10月13日

㈱富士ロジテック・ビジネスソリューションズのホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます。

本日はいつもの当社製品紹介と一味違い、当社と同じく
「富士ロジテックグループ」の1社である、
株式会社富士ロジテック浜松」を紹介いたします!
nimotsu_picking_gadget_man.png

富士ロジテック浜松は、静岡県西部地方(浜松市と袋井市)から愛知県三河地方
(豊橋市)に拠点を持ち、倉庫業を基盤に物流全般のサービスを提供しております。
https://www.fujilogi.co.jp/group/fujilogitech-hamamatsu.php


その拠点の中でも流通加工作業を得意とし、アパレル商材取扱実績多数の
西浜松倉庫を紹介致します。
西浜松倉庫.jpg
https://www.fujilogi.co.jp/base/hamamatsu/nishihamamatsu.php


西浜松倉庫の特徴は、ズバリ「RFID対応倉庫」です。
RFIDで商品管理されている企業様は年々増加しております。
(特にアパレル関連企業様に多いですね。しかし、今後2025年までに、
コンビニ業界やドラッグストアでもRFID活用が進むことが発表されています。)

西浜松倉庫は、大手アパレル企業様と2012年から現在まで長年御付き合い致しており、
RFID導入当初から実績と経験を積んで参りました。
当社グループ内でも、RFIDを活用した倉庫運営実績はダントツです!!

RFIDを活用して、
・入庫検品 ・出庫検品 ・ピッキング ・棚卸 など、倉庫運営業務の
全てを可能にしています!!

その為の設備も、もちろん充実しております!!
・RFIDトンネル式ゲート ・RFIDハンドリーダー はもちろん、
・当社開発のLOGI FACE PICK for RFID を活用するために必要な機器類が
既に導入され、稼働しております!

FLBS社開発!LOGI FACE PICK for RFIDについて
LOGI FACE PICK for RFID.pdf

西浜松倉庫での事例について
FLBS RFID活用事例.pdf

いかがでしょうか。「RFID対応 倉庫」など、インターネットで検索すると
お分かり頂けますが、RFIDに対応するシステムや、RFID対応機器、又は
RFID対応が可能な倉庫は有りますが、「すぐにRFIDに対応できる営業倉庫」
って実は意外と少ないんです。



特におすすめの御客様は、
・これから商材にRFIDを導入したいと考えている御客様
・既にRFIDを導入している御客様
・アパレル関連企業の御客様

となります。

倉庫をお探しの御客様、RFID活用倉庫を見学したい御客様
まずはお気軽に御連絡下さい。

 お電話:054-260-7724
 メール:business-solution@fujilogi.co.jp

もちろん、当社のシステムや代理店販売商品についてのお問合せも
引き続きお待ちしております!


最後までご覧頂きありがとうございました。
今後とも、どうぞ宜しく御願い申し上げます。

 

8月の御問合せ数No1!!スマートマットが注目されてます!!

2020年09月03日

㈱富士ロジテック・ビジネスソリューションズのホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます。


先月のニュースページで御紹介させて頂いた、「スマートマット」ですが、
おかげさまで多くの御客様より御問合せを頂いております!!
スマートマット.png

スマートマットは、重量センサーを搭載したIoT機器です。
スマートマットが解決する御客様の課題は、主に
・棚卸、在庫確認の業務負担
・過剰在庫、欠品、売上ロス
・発注ミス、過発注、発注漏れ
・人手不足、非効率配送、配送費増加
となります。
業種業界を問わず、幅広く導入実績がございます。
是非お気軽にお問い合わせ下さい。


先月のニュースページに添付させて頂いた、概要説明と事例集ですが、
ページ数が多いとの御意見を頂きました。
早速改良致しましたのでご覧下さい。


スマートマットをA4用紙(表裏)1枚にまとめました。
Smart Mat 宣伝.pdf

スマートマットの概要説明はこちらです。
0903_SmartMat_サービス概要A4 縦.pdf

スマートマットの事例集はこちらです。
0903_スマートマット事例集A4縦.pdf


スマートマットに限りませんが、Web会議・御訪問しての御説明、簡易的な
デモの実施を承ります!!
是非、お気軽にお問い合わせ下さい!




line_summer1.png

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続きそうです。
台風の数も増えてきました。
残暑、コロナ、自然災害と大変な状況が続きますが、皆様、どうかご自愛下さい。


ご覧頂きありがとうございました。
今後とも、どうぞ宜しく御願い申し上げます。
 

静岡県内初!!スマートマットの代理店販売開始します!!

2020年07月28日

㈱富士ロジテック・ビジネスソリューションズのホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます。

みなさま、在庫品や消耗品の管理でお悩みはございませんか?
例えば、、、

・在庫品、棚卸の時に1つ1つ数量を数える必要があり、手間が
掛かっている。
nimotsu_picking_tanaoroshi_man_taihen.png

・消耗品の残りがわからず、うっかり発注を忘れてしまい、在庫を
切らしてしまった。
ittokan_can.pngdonou.png
(特に水モノや粉モノ。中が見えない容器だと残量がわからない。)

・在庫品、消耗品が少なくなってきたら、自動で発注してくれたら
楽なのに、、、。

・いつまでも人が管理せずに、IoTで何とかならないかなぁ、、、。

この様な問題は、物流業、製造業、小売業、商社、飲食業、サービス業、
医療・福祉業界、どこでも発生すると思います。


そんな現場の問題を解決するのが「スマートマット」というIoT機器です。
この度、私達 富士ロジテック・ビジネスソリューションズは、静岡県内初の
スマートマット代理店
になりました!!!
img_slide_003.png
 (スマートマットの画像です。とてもシンプルです。サイズが3種類ございます。
  詳細は下記概要資料をご覧下さい。)


さて、そのスマートマットでどうやって解決するの?を簡単に御説明します。


スマートマットを簡単に御説明すると、「Wi-Fiを使い、重量をお知らせするマット」
となります。

スマートマットの上に、管理したいモノを乗せます。すると、決まった時間に
(例えば、毎時1回とか30分に1回、1日4回など、設定は自由に変更できます。)
残りはあと何個ですよ(または何%ですよ)と自動的にお知らせメールが
飛んできます。(設定によっては、お知らせメールを自動発注に変更可能。)
また、スマートマットはワイヤレスですので簡単に設置可能で、電池の残量、
Wi-Fiの通信状況もチェック可能です。


御興味がある方、ぜひ詳細資料をご覧下さい!!!
SmartMat_概要資料.pdf

また御利用実績はコチラになります!!!スマートマットは安価で導入しやすいため、
業種業界を問わずに幅広く御利用頂いています!
SmartMat_利用事例集.pdf


IoT機器 スマートマットの実物を見てみたい、デモをしてみたい方、御面談希望や
Web会議での詳細説明、お電話での御説明も受け付け中です。
お気軽に御連絡下さい。

※下記「お問い合わせ」フォームからの御連絡の場合、上から6番目の項目
「ご検討中の製品」のレ点は、どこに付けて頂いても構いません。
「お問い合わせ内容」欄に、スマートマットについて とご記入下さい。


今回のお知らせは以上になります。ご覧頂き、誠にありがとうございました。
今後とも、どうぞ宜しく御願い申し上げます。
 

静岡商工会議所報 Sing6月号に記事を掲載して頂きました!!

2020年06月19日

㈱富士ロジテック・ビジネスソリューションズのホームページをご覧頂き、
誠にありがとうございます。

今回も新型コロナウィルスに関する情報からご紹介します。
皆様も御存知の通り、本日より都道府県を跨ぐ移動が緩和されました。
「社会経済活動を本格化する」という事で、人との間隔は一定を確保することが
求められますが、私も感染予防に努めながら、営業訪問を本格化していきたいと
思います。

WMS、ピッキングシステム、RPA、CarriRoなど、お気軽にお問合せ下さい。


静岡商工会議所から毎月1回、Singという商工会議所報が発行されております。
その6月号に、RPA Robo-Patの記事を掲載して頂きました。

 表紙はコチラ
Sing6月号.png
 静岡市葵区有東木のわさび田が表紙です。
 余談ですが、、、
 有東木はわさび栽培発祥の地で、江戸時代初期からわさび栽培を始めたと
 言われております。また、有東木茶というお茶も有名です。
 私の実家もオクシズと呼ばれる地域(静岡市中山間地域)ですので、有東木は
 おとなりの村、という感覚です。

掲載ページはコチラ
掲載ページ.pdf


RPA Robo-Patについては、過去の記事でも何度か掲載させて頂いておりますが、
実際に使用してみると簡単に事務処理の自動化を実感出来ます。

RPAについて、比較検討されている方、興味が有る方、詳しく知りたいという方、とりあえず
見てみたい方、私が実機を持って御説明に御伺い致します。

お問合せはコチラから御願い致します。
https://www.fujilogi-bs.co.jp/contact/


今回は以上です。ご覧頂きありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しく御願い申し上げます。
 
 

トップに戻る